様々な不用品回収のサービス

業者によってサービスは様々です。民間の業者でも優良な業者はあります。 - 家電リサイクル法に基づいた家電不用品回収

アーカイブ

家電リサイクル法に基づいた家電不用品回収

基本的に、自治体で粗大ごみを不用品回収してもらう時の基準は大きさによります。
中には、金属製品も含まれるのですが注意しなくてはいけないのが家電品に関しては粗大ごみとして処分する事が出来ないという事です。
これは、どこの自治体でも同じ扱いになっている一律の規定なので確認しましょう。
家電はどう処分すればいいか
粗大ごみとして処分する事が出来ないエアコンやテレビ、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、パソコン、乾燥機の類は別の物として処分しなくてはいけません。
それらは、家電リサイクル法に基づいた処分方法が必要となりますので役所では回収をしていません。
これらの処理法にはいろんな種類がありますのでそれを紹介します。
小売店に引き取ってもらう
その家電を購入した小売店がわかる場合は、同じ小売店に申し込むことでリサイクル料金と収集運搬料金を支払い引き取ってもらえます。
また、新製品と購入する場合は引き取りサービスをしてくれるところが多いので、申し込みを一緒にしましょう。
小売店がわからない場合
遠方で購入した場合や、購入店舗がわからなくなってしまった場合は家電リサイクルを専門として協議会や協力店へ申し込みをする事でリサイクルをしてもらえます。
現金支払いで収集時に料金を支払うというような形になります。
自分で機器を運搬する場合
家電を自分で運搬する事が出来る人は、間に店に入ってもらったりする必要がなく市内や近郊にある指定引き取り場所に直接運べば引き取ってもらえます。
この場合は、収集運搬料金はかからずリサイクル料金だけを支払う形でいいので最も金銭的負担が少ないです。
ただし、この場合は郵便局などで家電リサイクル券を利用してリサイクル料金をあらかじめ振り込みしてから持ち込む形になります。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2016 様々な不用品回収のサービス All Rights Reserved.