様々な不用品回収のサービス

業者によってサービスは様々です。民間の業者でも優良な業者はあります。 - 家電リサイクル法について

アーカイブ

家電リサイクル法について

不用品回収は適切な手段を用いて行う事が法的に定められています。
特に、粗大ごみはそのあたりの規定が厳しく細かく設定されていますので注意しましょう。
粗大ごみの中でも、家電4品目は家電リサイクル法によって不用品回収の仕方も決まっています。
家電リサイクル法の対象家電とは
具体的にはエアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機です。
それぞれが大きく処分するのに手間も労力も掛かる物なうえに、お金もかかりますからね。
そして、不適切な処分は物が物だけに環境破壊にも繋がるし、何より多大な迷惑を人にかけてしまうことになります。
こういった家電に使われている部品や素材は、すべて貴重な資源になりますので、必ず法律を守ってリサイクルをしましょう。
家電リサイクル法の物の処分方法
処分の仕方がわからない場合は、役所の廃棄物やリサイクルの担当部署に問い合わせをしましょう。
必要な手続き、費用などを細かくちゃんと教えてくれますのでわからない人でも安心して不用品回収をしてくれます。
また、ほかにも家電リサイクル券という物を発行してもらい家電の小売店へ引き取ってもらう事もできますので、役所の案内する規定の場所がどうしても遠すぎる場合はそちらを利用してもかまりません。
どちらにせよ、一度役所に間に立って貰うという事が一番確実です。
リサイクルショップを利用する
また、廃棄以外にもこれらの家電品はまだ型がそれほど古いものでなくてなおかつ実用できる物であれば中古品としてリサイクルショップに買い取りをしてもらう事もできます。
この場合は、運搬もリサイクルショップが担ってくれる事が多いので自分で運搬をするのが難しいという人は、こういう場所を利用すると効率的です。

Copyright(C)2016 様々な不用品回収のサービス All Rights Reserved.