様々な不用品回収のサービス

業者によってサービスは様々です。民間の業者でも優良な業者はあります。 - 家電ごみになりそうでならないもの

アーカイブ

家電ごみになりそうでならないもの

不用品回収を行う場合、ゴミに出していい物と粗大ごみなどとして有料で処分する物と区別がいまいちわからないという人がいると思います。
そこで、粗大ごみや家電ごみとして処理しなくてはいけないように思えるけど、実は普通の通常のゴミとして捨てることができる物を紹介しましょう。
燃やすごみになる物
例えば、意外なのがIH調理器です。
一見すると、家電ごみとして出さなくてはいけないように見えるかもしれませんが50cm以下のサイズならば燃やすゴミとして処分します。
50cmを超える場合は、家電ごみではなく粗大ごみとして処分するものになりますので、家電リサイクル法とごっちゃにならないように気をつけてください。
また、電子機器であるICレコーダーも通常の燃やすごみとして処分される物なので気をつけましょう。
プラスチック製の物は燃やすごみですが、金属製の場合は小さな金属類になりますのでご注意を。
どちらにしても家庭ごみとして出すことができますので間違って家電ごみに出さないように気をつけましょう。
燃やすゴミではないもの
家電ごみになりそうですが、そうでないもののひとつにアイロンが挙げられます。
金属製のアイロンの場合、小さな金属類として家庭ごみで処分することができます。
ほかにも、MDプレイヤーはポータブルタイプも据え置きタイプも小さな金属類として家庭ごみに出す物であり、家電ごみとしてリサイクル義務がつく物ではないので気をつけましょう。
小型家電回収ボックス
いくつかあげたICレコーダーやMDプレイヤーのような機器は、家庭ごみとしても出せるのですが、役所に設置されている小型家電回収ボックスにも出す事が出来るのでそちらを利用するのもいいです。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2016 様々な不用品回収のサービス All Rights Reserved.